おせち料理の種類とお届け状態

冷凍配送のおせち料理について

おせちを注文するとき、冷蔵おせちか冷凍おせちか悩むところですね。冷凍おせちの場合は、配送地域を選ばないのが良いですね。

冷蔵おせちだと、たとえば近畿圏内が製造元だと関東エリアまでしか配達できないとかあるようです。あんまり遠いと生だから傷んでしまうんでしょうね。冷凍は、

 

解凍する手間はかかりますが日保ちするのがメリットです。


食材も生おせち(冷蔵おせち)と変わらずいろいろなものが使われています。おせちといっても、お正月に全部食べきれるとは限りませんから、冷凍おせちだと解凍しなければ保存できるので便利ですね。

冷凍すると、味がよく馴染むなどのメリットがあることから、家庭で作るおせちも最近では事前に作って冷凍する「家庭冷凍おせち」を作る人が増えているようです。

冷凍するメリットとして他には、作りたての味を味わえるということです。しかし、

 

解凍するときに余分な水分が出て水っぽくなってしまうことがあるので解凍方法を間違ってはいけませんね。


初めて注文するおせちだから、味が心配という人のために「お試しおせち」を販売しているお店もあります。500円位から購入できますので試してみても良いですね。

意外と、おせちの通販の口コミでは、味が好みと違ったなんていう口コミが多いようですから。

冷蔵配送のおせち料理について

通販などで配達されるおせちには、冷蔵おせちと冷凍おせちがありますね。どちらの方が人気があるのでしょう。

冷蔵おせちは、別名「生おせち」とも呼ばれていて、解凍の手間が省けていいという理由で購入する人が多いようです。ただ、冷蔵おせちの場合は日持ちがしませんから届いてから近日中に食べなければいけません

お重の中は、冷凍おせちと大差はないようです。値段的には冷蔵おせちの方が、お得な商品が多いように思います。冷凍保存できるように小分けしたりパウチに入れたりする手間が省けるからでしょうか。

冷凍おせちだと、全国どこでも届くのが一般的ですが、冷蔵おせちの場合、配達できる地域が指定されています。製造元から離れていると食材が痛む原因になるからでしょう。

食材は、すべてお重に入って届くことが多いようなのですが、

 

臭いや味が混ざらないか心配ですね。


魚介類などは特に気になります。口コミをみていると、あまりそのようなクレームはないようです。

敷居でしっかり分けて、配置なども配慮してあるんでしょうね。年末やお正月の忙しいときに、解凍するのは大変という人に生おせちはぴったりですね!

京都の料亭などのおせち料理について

おせち料理とは、元々懐石料理や精進料理が組み合わされたもので、京料理に近い料理です。その為、本物の味を楽しみたいと「京おせち」を注文する人が多いのです。

京おせちは、京都の老舗料亭や割烹が作っているのが一般的で、高価なものもあります。京料理は、見た目にも綺麗で色鮮やかですが、京おせちも同じように目でも楽しめる彩り綺麗なものが多いです。

彩りをよくするためには、沢山の食材が必要になりますから、贅沢なおせちになるのは仕方ないのかもしれません。

京料理では、京野菜が使われていますが、京おせちも他の地域ではなかなか手に入らない京野菜が使われていることがありますので、貴重なおせちになりますね。味付けは、

 

懐石料理や精進料理のように出汁をきかせた薄味が主流で万人受けするようです。


ここで、重要だと思うのが味付けだと思います。おせちの通販の口コミを見ていて、一番目に付くのが味付けに関することです。

単品で味付けが口に合わなかったという口コミもありますが、中には全ての味付けが濃かったなどの口コミもあります。それでは、せっかく注文したおせちも台無しですよね。

通販のお店の中には、味の確認のためにお試しおせちを購入できるところもありますので、試食してから予約するほうが良いかもしれませんね。